スキルや年齢が自分にマッチしている?

「やりたい!」だけじゃダメ!?

いくら自分が「この会社に入りたい!」と思っても、会社からはお断り…ということは少なくありません。書類選考や面接、どの段階であってもお断りされてしまうと落ち込んでしまうものです。ガッカリしてしまい、すぐに次の会社を探す気にはなれないという人も多いでしょう。就職活動においてこのタイムロスはとてももったいないことです。それに自分が傷ついたり落ち込んだりしてしまうのも、できるなら避けたいものです。

当然ながら、落とされるには落とされるだけの理由があります。何も問題がなく、採用人数に達したため会社も泣く泣く断った…という背景があることもありますが、ほんの一部といえます。落とされた理由を考えて次に活かしましょう。

会社が求めているものを考える

求人広告には、必ず応募要項が記載されています。そこには、会社が求める人材について書かれているので必ず目を通しましょう。「30歳まで」「要資格」など様々な条件があります。ここで応募要項をクリアしていなければ、書類選考を突破するのはほぼ難しいといっていいでしょう。そのため、会社が提示している条件を自分がクリアしているか、必ず事前にチェックしてください。

また、応募要項だけではありません。会社の特徴など、求人情報には様々なところにヒントが転がっています。たとえば「アットホームな職場」と謳っている会社なら、どのような職種であってもコミュニケーション能力は必須です。「全員20代のフレッシュな環境」などと記載されている会社なら、年齢が高いと落とされる可能性が高いといえます。求人広告から、企業の求めている人物像を想像してみましょう。