休暇条件をチェック

休暇について詳しく聞く

仕事を探していく時には、休暇をチェックする人が多くやはり週休二日制や完全週休二日制だと体を十分に休ませる事ができたり、プライベートも充実しやすいです。ただ、求人情報に記載されている休暇によっては条件がある場合もあります。例えば、基本的に週休二日制だけど研修期間中は週休1日制だったりというパターンも考えられます。また、有給の日数も一定の労働期間をクリアすると増えていくという場合もあるので状況に応じて休暇が違ってくるパターンがあるでしょう。

そこで、求人に記載されている休暇について条件などがないのかをあらかじめ聞いておきます。採用された後に聞いてもちょっと手遅れなので、後悔しないためにも休暇について詳しく把握してから採用試験を受けます。

リフレッシュ休暇に注意

会社の休暇の中には、リフレッシュ休暇というものがあります。すべての会社にあるわけではないですが有休とまた別の休暇扱いになっている事も多く、求人探しで注目して見ていきます。リフレッシュ休暇があると、それだけ休暇が増えるので旅行に出かけたりゆっくり体を休ませる事ができたりなど何かと助かる休暇制度です。しかし、このリフレッシュ休暇は会社によって条件がもうけられていることがあり例えば長く働いた人だけが利用できたり、多忙期に利用できないなどがあります。

つまり、いつでもリフレッシュ休暇を取れるわけではない会社もあるので確認が必要でしょう。条件などを確認しておかないと、いざ自分がリフレッシュ休暇を取りたいと申し出ても却下されて不満を抱いてしまう可能性があります。